トゥルー・グリット : True Grit (2010)

父親を殺された14歳の少女と大酒飲みの連邦保安官、テキサス・レンジャーという3人の壮大なる犯人捜しの旅を、実力派俳優の共演で描き出す。ジョン・ウェイン主演で知られる、1969年製作の傑作西部劇『勇気ある追跡』を、『ノーカントリー』でアカデミー賞を総ナメにしたジョエル&イーサン・コーエン監督がリメイク。

出演:ジェフ・ブリッジス、ヘイリー・スタインフェルド、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー。

トゥルー・グリット : True Grit (2010)のあらすじ

裕福な家庭に生まれ、信念の強い14歳の少女へと成長したマティ。だがある日、彼女の父親が雇い人のトムによって、無残にも撃ち殺されてしまう。父親から形見の銃を譲り受けたマティは復讐を決意し、スゴ腕だが大酒飲みの連邦保安官ルースターや、若きテキサス・レンジャーのラビーフを雇って、トム追跡の旅に出るのだった。

トゥルー・グリット : True Grit (2010)のストーリー

14歳の少女マティ・ロス(ヘイリー・スタインフェルド)は、フォート・スミスで牧場の使用人トム・チェイニー(ジョシュ・ブローリン)に父を殺され、馬と金貨と銃を盗まれた。気丈なこの娘は、父のかたきをうつために腕利きと評判の連邦保安官(マーシャル)ルースター・コグバーン(ジェフ・ブリッジス)を雇うことにした。コグバーンは元泥棒で大酒飲みだが、マティの真摯な気持ちと金に動かされてチェイニーの追跡を請け負う。仲間としてテキサス・レンジャーで、テキサス州議員を殺した賞金のためにチェイニーを追うラ・ビーフ(マット・デイモン)も加わり、インディアン自治区に入っていくが、マティに対する方針の違いとコグバーンとの口喧嘩から、追跡は少女と老いた保安官の二人だけになってしまう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. バスターのバラード : The Ballad of Buster Scruggs (2018)

  2. インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 : Inside Llewyn Davis (2013)

  3. 不屈の男 アンブロークン : Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption (2014)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。