シリアスマン : A Serious Man (2009)

ユダヤ人の平凡な中年男が突然、災難に見舞われる姿を描く、コーエン兄弟監督による不条理なドラマ。60年代の中西部のユダヤ人コミュニティーというコーエン兄弟のルーツをたどるような物語で、主人公を演じたマイケル・スタールバーグをはじめ、演劇界で活躍する比較的知名度の低い俳優たちが多数起用されている。

シリアスマン : A Serious Man (2009)のあらすじ

1967年のアメリカ中西部。郊外の住宅地に住む大学教授のラリー(マイケル・スタールバーグ)は妻子とともに平凡な毎日を過ごしていた。ところがある日突然、生徒から賄賂を渡されたり、隣人とのトラブルに巻き込まれる。しまいには妻から別れ話を切り出され、モーテル暮らしを余儀なくされる。困り果てた彼は地元コミュニティーの指導者に相談しようとする

  • コメント: 0

関連記事

  1. レディ・キラーズ : The Ladykillers (2004)

  2. 未来は今 : The Hudsucker Proxy (1994)

  3. ビッグ・リボウスキ : The Big Lebowski (1998)

  4. バーン・アフター・リーディング : Burn After Reading (2008)

  5. オー・ブラザー! : O Brother, Where Art Thou? (2000)

  6. 赤ちゃん泥棒 : Raising Arizona (1987)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。